【宣伝効果を高めよう】チラシ印刷を成功させるポイントを徹底解説

メリットの多いチラシ外注

色見本

印刷枚数が多い場合は

チラシ印刷といってもその用途は様々です。例えば、町内会の祭りなどのイベントで、その集落だけで回覧・配布すればよいものは、枚数的にはそこまで多くはありません。また、自治体によっては地域での活動に使用する場合、原稿さえ作成していればチラシ印刷(コピー)を安価または無料でさせてくれる場合があります。地域づくり課とかまちづくり課といった課が所管していることがありますので、確認しておいて損はありません。問題は、企業などが主催するイベントのチラシ印刷です。企業は営利団体ですので、自治体がチラシ印刷を支援するはずは当然ありません。自前で印刷するか、印刷業者に依頼するかの二択に限られるでしょう。枚数が少なければ、自前で印刷しても良いでしょう。事務所のカラープリンターや印刷機などを活用することで賄うことはできます。問題は枚数が多い場合です。企業の活動を大々的にPRするとか、企業祭りなどを行う場合は、相当数のチラシが必要になります。その場合は、印刷業者に依頼することに多くのメリットがあります。まずはクオリティです。自前ではコピー用紙や色用紙がせいぜいですが、印刷業者へ依頼すれば上質紙にきれいなカラープリントでチラシ印刷をしてもらうことができるでしょう。また、チラシづくり自体を依頼することもできます。また価格も印刷業者へ依頼する方が安くつく場合があります。特に枚数が多くなればなるほど、単価は数円単位となり安価になることがほとんどです。このように、用途に応じてチラシ印刷を業者へ外注することで、多くのメリットがあるのです。

Copyright© 2018 【宣伝効果を高めよう】チラシ印刷を成功させるポイントを徹底解説 All Rights Reserved.