【宣伝効果を高めよう】チラシ印刷を成功させるポイントを徹底解説

フライヤーって何

インク

チラシとの違いは

チラシ印刷を依頼しようと業者を探している場合によく目にするのが、フライヤーという言い方です。自分が依頼したいのはチラシなのでフライヤーは違うと早合点してしまってはいけません。実はチラシとフライヤーは実質的に一緒のものです。チラシ印刷をしたければフライヤー印刷しますという業者でも対応は可能です。フライヤーという言い方は単にチラシをかっこよく言ってみたに過ぎないのです。このほか、ポスターとの違いが分からないという事もあります。ここは主に大きさや利用用途の違いと理解すればいいでしょう。チラシ印刷は配布する紙媒体を作るもので、ポスター印刷になると壁に張る紙媒体になるわけです。サイズもおおむねポスターのほうが大きなものになり、B4サイズ以上が対象となるのに対して、チラシの場合はA4かB5サイズが一般的で、どんなに大きくてもB4サイズ、チラシ印刷業者によってはB4サイズはチラシとして受け付けてくれない場合もあります。ざっくりとですが、小さい方からA4までがチラシ印刷、B4からがポスター印刷と理解しておけばそれほど間違いはないでしょう。話を少し戻してチラシとフライヤーは基本的に同じものと指摘しましたが、チラシ印刷業者によってはフライヤーを一段高く位置付けて、紙質や色にこだわったものの名称としている場合もあります。この場合でももちろんチラシ印刷を頼む事は、名称は違いますが可能ですので、どのようなラインナップになっているのか確認して使い分ければいいでしょう。

Copyright© 2018 【宣伝効果を高めよう】チラシ印刷を成功させるポイントを徹底解説 All Rights Reserved.